フットケアの将来性

最近はフットケアサロンが話題になっていることから、フットケアを学びたいという方は多くいらっしゃるでしょう。人に癒しを与え、喜んでもらえるフットケアは、やりがいのある仕事のひとつだと思います。こちらでは、フットケアの将来性について紹介します。

足の悩みやトラブルを抱えている方は増えている

足の悩みやトラブルを抱えている方は、女性に多くいらっしゃいます。どんなトラブルに悩んでいるかは人それぞれですが、足の手入れやケアを行なう方の割合は男性の4割弱に比べ、女性が7割弱だという調査結果もあるのです。

女性は、おしゃれのためにハイヒールやブーツをよく履くでしょう。ハイヒールは、足に負担をかけてしまい、足のトラブルを招きやすいのです。また、先端が細いハイヒールや靴を履くことで、巻き爪の原因ともなってしまいます。ブーツの場合、長時間履いていると蒸れてしまい、汗をかきやすくなります。この汗が蒸発して乾燥することで、かかとのひび割れや足の嫌なニオイへとなってしまうのです。女性にとって、こういった足のトラブルは深刻なものです。そのため、女性を中心にフットケアに注目が集まっています。

様々な場所で活躍出来る

フットケアは、エステサロンやマッサージサロン以外に、介護の分野でも注目されています。高齢者になると、爪が乾燥しがちになります。乾燥した爪は硬く、厚くなり、割れやすくなってしまうのです。こういった爪の変化というのは、体のバランスにも関係してきます。爪が厚くなることで足に力を入れにくくなり、靴を履くと痛みが出る場合もあるのです。

症状が悪化すると転倒の心配もあるため、高齢者の歩く機能を維持しようと、老人ホームやデイホームなどでフットケアが求められています。フットケアは心身共に癒されるものです。フットケアの資格があれば、癒しや健康に関わるサービス業への就職も有利になるでしょう。

独立開業も夢じゃない

フットケアに関する知識や資格を取得すれば、独立開業も夢ではありません。自宅や靴屋さん、美容室などの一角を借りて開業する方法もあるので、手に職をつけたいという方には最適でしょう。フットケアを通して、お客様とコミュニケーションがとれるので、楽しく仕事をすることが出来ます。足は第二の心臓と言われるほど、とても大切な場所です。フットケアを通して健康維持のサポートが出来るので、とてもやりがいを感じることが出来るでしょう。

フットケアの資格取得をお考えの方は、フットケアジャパンをご利用ください。フットケアジャパンでは、フットケア講習を行っています。全行程7日間なので短期で資格を取得することが出来ます。本番と同じ条件での介護施設研修で経験を積むことも出来ますので、より実践的な技術を身につけることが出来るでしょう。興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください。

講習のお申し込みはこちら講習に関してのお問い合わせはこちら