足に関するトラブル

足に関係のあるトラブルは、生活に支障を来す可能性があります。こちらでは足のトラブルの種類をいくつかご紹介いたします。足のトラブルが気になる方は、チェックしてみてください。

かかとのひび割れ

かかとがひび割れる原因は、顔や身体にある皮脂腺が足裏にはないことが挙げられます。皮脂腺がないということは、油分による保湿がないということです。また、足は靴下や靴を履いているために、汗をかきやすくなっており、その汗が蒸発することで乾燥してしまいます。ひび割れを避けるためには、お風呂上りにクリームなどのフットケア用品を活用しましょう。

足のニオイ

長時間仕事をしていると足のニオイが気になり、消臭スプレーなどを使用することもあると思います。足のニオイは汗が細菌と一緒に流れ落ち、その結果古い角質などを分解することで、発生するといわれています。汗は極度のストレスによって大量にかいてしまう場合があるので、環境が変わった時は特に足のニオイに注意した方がいいかもしれません。

ウオノメの原因

歩くだけで足に痛みを生じさせてしまうウオノメは、足に合わない靴を履き続けることが原因といわれています。ウオノメは摩擦や圧迫から肌を守ろうとして出来るものです。靴が小さすぎると圧迫を、逆に大きすぎると足が靴の中で動いてしまい摩擦を発生させます。

普段使用している靴が自分に合わないと感じた場合は、速やかに交換をすることをおすすめします。足に関するトラブルを事前に回避するためには、普段からフットケア用品などを活用して、しっかりとケアをすることが大切です。

フットケアジャパンでは、本場ドイツのフットケア用品を取り扱っており、フットグラインダーニッパー巻き爪ゾンデ、脱臭や除菌などに役立つレメレプロポリスバルサムスプレー、ひびやあかぎれ、肌荒れのケアに使用出来るレメレプロポリスバルサムなどを用意しています。また、フットケアジャパンでは巻き爪や足の角質、ウオノメなどをケアするサロンもサービスの一環として行っています。

講習のお申し込みはこちら講習に関してのお問い合わせはこちら